f0361524_16191048.jpg

バルトロ・マスカレッロ「ランゲ・フレイザ 2008」
(イタリア/ピエモンテ)

※ 美味しくて、優しくて、力強い赤。

少し間の事ですが、本当に久しぶりに手に取りました。

「よし!」となる時には、自分でも飲みたくなるバルトロ・マスカレッロ。
偉大な父を持つマリアテレーザさんという女性が作るワインです。

私自身は2003年のバローロでバルトロ・マスカレッロが大好きになりました。
マリアテレーザさんの作るワインのふくよかさ、
「葡萄」であることを感じる強く優しい味わいが、なんとも癒されるのです。
フラッグシップのバローロは格別ですが、
フレイザやドルチェット、バルベーラだってとても美味しい。

十分に時間をかけてあげた時にでる「滑らかな甘さ」を感じるようになるには
とても時間のかかる作り手ですが、
時間と引き換えにしたその甘さを手に入れた時、
この上ない心地よさを伴うワインになります。
フレイザによくある余韻のビターさも、本当にちょうど良くキリリと感じて。

そしてね、いつも飲みたいのに、飲めないっていう、
その待ってる間のじれったい感じもね、
好きだったりします(笑)。




[PR]
# by vinogcpt | 2017-03-20 16:27 | ピエモンテ
f0361524_18333039.jpg

アリアンナ・オッキピンティ「イル・フラッパート 2012 」
(イタリア/シチリア)

※ 優しい味わいで香りの良い赤。

久々に開けたら、すごーく良かった。
甘酸っぱいような味わいの中に、土を感じる様な雰囲気もあり、
少女のような可愛らしさと、その奥に貫かれる意志。
儚さも感じつつ、奥行きがあるようにも感じて。

アンバランスなように感じる異なる物ごとが、
とてもバランスよく感じるワインでした。

アリアンナのフラッパート、恐るべしッ!




[PR]
# by vinogcpt | 2017-03-17 18:37 | シチリア
【 画像がなくてすいません! 】

Beau Paysage「シャルドネ 2009(LIB)」
(日本/山梨)

※ 美味しい白ワイン。

今年の3月の初め。
少し前に2010年を開けて美味しかったので、さらに1年、遡ってみました。

リリースした頃の2009年はまとまりよく整ったイメージでしたが、
今はどーなってるのかなぁ?とワクワク。

ワインが若い時のパシっとしたところが抜けて、
全体的に味わいがじわじわっと解れてまして、
BeauPaysageらしいミネラル感もほんわかとした雰囲気で、
とっても優しくなってました。

力が抜けて、とってもいい感じ!



[PR]
# by vinogcpt | 2017-03-05 23:59 | 山梨

ゴッチャポントの日々の営業の中でボトルやグラスでお出しした(過去形)ワインたちの備忘録です。ゴッチャポントのお料理のブログは「http://gcpt.exblog.jp/」です。


by vinogcpt